蕨市の放射線量ここの所落ち着いている

ここ最近は蕨市の放射線量は最高値で0.20usv/h位で落ち着いている見たいです
毎朝数台のガイガーカウンター(個人用)で計測しているNeutronRAEⅡは24時間ログが取れる
ガンマースカウトも24時間ログが取れるメディキタスも24時間ログを取っている
他は毎朝定期的に電源を入れチェックし放射能マップに投稿する時か気になる場所を計測する時に持ち出す。
寒くなって来ると電池の電圧が下がるので前からそうだがLK3600は電圧が下がると測定しなくなるので夏場暖かい時
は何でもないが得に注意が必要である。持ち歩く時は電池の予備が必要不可欠です
ポケットガイガーはIPhoneに繋がり便利だが測定時間に時間が掛かるのとやはりIPhoneのバッテリーが消耗するので
いまいちだが測定結果はセシュウム基準なので結果は高い機種との誤差は少ないと思う値段の割に正確だと思う
通常はDossRAE2が薄くてセンサーの反応も良いので持ち歩きは胸ポケットにパッチンとクリップ止めでOK
現在はホットスポット探しはしていないが屋根交換や雨樋交換また犬走など土や泥などまた、お客さんに頼まれた場合
などは測定しているが、得に高く数値が出るは雨樋やその下の下水の桝雨水の垂れ流しの場所がホットスポットになっている。また千葉柏方面に仕事で行くのでその時に測ってこよう思う。
たまにNeutronRAEⅡの中性子のセンサーが反応するのが気に掛かるここの所は反応しないで良いとするしかない。
これからどんな影響が出てくるかは、専門家でないから解らないが徐々に被爆しているのには変わりない。
子供達に影響が出てくのが心配だ
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック