NeutronRAEⅡがのプルトニュウムのセンサーが反応

2012年3月19日午前3時54分頃
NeutronRAEⅡのガンマー線のセンサーの方のセンサーは0.14usv/h
プルトニュウムのセンサーに1cpsの反応の記録を発見
続いて
2012年3月22日午後1時34分同日の午前12時14分
翌3月23日午前5時23分にセンサーに反応ログに記録されている
画像

画像上部の数値はガンマー線の最大ピーク時の数値1.20usv/hであり
N 1cpsと表示さてているものがプルトニュウムの最大値である
いずれも蕨市民公園側の窓の所で計測を続けている。
この間2012年3月11日ちょうど震災から丸1年目に岩手県の大船渡住む叔父が亡くなり葬儀に
NeutronRAEⅡとSOKESとガンマスカウトを車内に行く途中で東北道矢板付近から急に0.25usv/hに上昇
NeutronRAEⅡは0.25usv/hを超えるとランプが付く設定にしてあり東北道をひたすら北上し
NeutronRAEⅡは警報が発砲する二本松 郡山 福島西 宮城入るまで警報が止まらなかった
NeutronRAEⅡ他二台もいずれも同じSOEKSは警報はならないが 赤くなる
最高で高速道路上車中にて最大測定値は1.39usv/hを記録SOEKSは1.79usv/hでした自治体や東電 国の発表の数値は
本当に信憑性があるのか?嘘八百を並べているのか信用ならない
個人用線量計の性能の差なのか
私は測定のプロではないが除染作業従事者講習など受けてたりこれも国の方針で労働衛生法で
除染に係る講習なのであまり信用出来ないが
それなりに測定をしていますがあくまで参考程度にして頂きたいと思います。小さいお子さんをお持ちの親御さんたちはかなり気になると思います。私もまだ小学生2人と中学生1人のの子供の親ですので
これかも測定は続けていきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック