LK3600その後の使用レポート

やはりLK3600はかなりの電圧が必要なのか冬場の窓際などにおいて置くと故障ではないのかと思うほど
電源を入れても表示はしているのだが000.000で動かない場合がかなりの確率であり。
少し温めてやると、電圧が上がり戻るのか作動してくれる。
通常電池を新品に交換すると電源ボタンを押して役30秒後に表示が出るが押しても測定値が出ない場合
新品電池交換するとまた動き始める 交換後は電池のマークが黒くなっているが
測定をしているうちに電池のバーが1目盛り減るとだんだん測定値が低い値になり徐々に測定時間も伸び
私の所有のLK3600は電池マークが一メモリ減った所で測定しなくなるみたいです
電池のメモリは3つまで有るのだが最後のメモリまでは使えない。通常使用時01.0usv/h 10s で使っているが
この状態でも新品電池で電源入れ放しで夏場で1日半位から2日位電池はもっていたが
冬場に入って丸一日は電池がもたないみたいです。
測定値が出なくなった場合は10sから 20sとか 01.0usv/hを 30usv/hとかに切り替えると
若干測定が出来る様になったこともある。
現在もたまに使うが電池の消耗も激しいようだし、
初めて購入する測定器としては扱いずらい
表示は大きいく見やすい操作事態もシンプルで解りやすい
夜もバックライトが付く
ガタイがでかいてボケットに入らない
作業服なら入るが胸ポケットには難しい
よって初心者はオススメ出来ない
黒テラや黄テラP+などの方が女性など初めての人は測定値もそこそこだし
電池も長持ちするので良いと思う
TERRA MKS-05 Bluetoothモデル はパソコンとの接続に苦労が強いられるので初心者やパソコンに詳し人じゃあなければ止した方が良いと思います

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック